スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問介護の院内介助、必要に応じて算定可能―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど、訪問介護サービスでの医療機関内の介助について、必要に応じて介護報酬上で算定できることを周知する事務連絡を都道府県の介護保険担当課などにあてて出した。一律に算定を拒否する自治体があるなどの指摘を踏まえたもの。

 事務連絡では、院内介助について算定できる要件の一例として、▽適切なケアマネジメントが行われている▽院内スタッフらによる対応が難しい▽利用者が介助を必要とする心身の状態である―を示した。また、「利用者が介助を必要とする心身の状態」の例としては、「院内の移動に介助が必要な場合」「認知症その他のため、見守りが必要な場合」「排せつ介助を必要とする場合」を挙げている。

 訪問介護での院内介助については、2003年に出された通知で、「基本的には院内のスタッフにより対応されるべきものであるが、場合により算定対象となる」とされている。厚労省によると、介護報酬上の算定を一律に拒否する自治体があるほか、「場合により」の内容を問う自治体からの質問が多かったという。


【関連記事】
介護サービス受給者、前月比1万人減―給付費実態調査・2月審査分
介護保険法施行以降、最多の倒産件数―訪問介護事業者
夜間対応型訪問介護、認知度アップや人材確保が課題
訪問介護、初回加算も医療費控除の対象―厚労省が事務連絡
訪問介護の生活援助、必要に応じ「日中独居」でも可能-厚労省が通知

京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ(スポーツ報知)
<痴漢>埼京線全編成に防犯カメラ設置へ(毎日新聞)
手作りの土笛、どんな音色? 世田谷区の児童館で親子ら挑戦(産経新聞)
鉄道撮り続け60年 広田尚敬の写真集が連続発売 レールのように終わりなく(産経新聞)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。